長崎南山手グラバーパートナーズが | グラバー園公式ウェブサイト

長崎南山手グラバーパートナーズが

2017年4月11日

この度「長崎南山手グラバーパートナーズ」が4月から「グラバー園」の指定管理者になり、施設の運営を行うことになりました。「グラバー園」がある南山手地区は幕末の時代に日本の夜明けを夢みて多くの若者が集まった場所です。そして、その中心となった人物がトーマス・ブレーク・グラバーです。現在は年間120万人の観光客が訪れる長崎が誇る観光スポットです。さらに2015年7月に「旧グラバー住宅」が世界遺産に登録をされたことから、より一層注目が集まっております。今後はもっとたくさんの人が訪れる「グラバー園」を目指し、おもてなしの心で園内の整備や改善に取り組んでまいります。新しくなる「グラバー園」にどうぞご期待ください。
長崎南山手グラバーパートナーズ 代表 吉田 茂視

partner_logo