グラバー家ヒストリーの始まり! | グラバー園公式ウェブサイト

グラバー家ヒストリーの始まり!

2019年7月16日
今年2019年は安政の開港及びグラバーが長崎に来て160年となります。また現在、旧グラバー住宅は約50年ぶりの保存修理工事を行っております。
この節目の年に、改めてグラバーとは何をした人なのか、また彼の家族にはどんな人がいたのかなどに焦点を当て、グラバー像を発信して参ります。そしてその案内人となるのがミニグラバーくんです。
img_1917
現代に小さなサイズでよみがえった(?)グラバーとその家族と共にご紹介していきます。皆様、ミニグラバー家が織りなすグラバー家ヒストリーをぜひお楽しみください(^o^)


img_1920 グラバー:みんな、改めて自己紹介するが、私が旧グラバー住宅の主人トーマス・ブレーク・グラバーである。そして横にいる日本人女性が私と生涯連れ添う「ツル」。メガネの青年は私の息子「富三郎」である。私たちはミニサイズになって現代の長崎に舞い戻ってきた。改めて、私たちのことをみんなに知っていただきたいと思っているので、ぜひ楽しんで読んでほしい!

img_1918 富三郎:私の父さんは近代の日本において様々なことに貢献をしています。ぜひこのことを色んな人に知っていただきたいです。

img_1919
ツル:我が家の者たちがお騒がせすると思いますが、暖かな目で見守っていただけましたらと思います。


今後の投稿をぜひお楽しみください♪


【旧グラバー住宅 耐震化を含める保存修理工事について】
現在、旧グラバー住宅は耐震化を含める保存修理工事のため、見学及び順路に変更がございます。
e3dd009e7496b3f432d0007acd204324 img_1857 img_0894
グラバーに関する展示については、「グラバー特設展」と題して、「旧リンガー住宅」及び「旧スチイル記念学校」で開催中です。ぜひご覧くださいませ。
%e7%89%b9%e8%a8%ad%e5%b1%95
グラバー特設展についてはコチラをご覧ください。