グラバーと日本の近代産業 | グラバー園公式ウェブサイト

グラバーと日本の近代産業

HISTORY IN GLOVER GARDEN

旧グラバー住宅の世界遺産登録について

日本の近代化における歴史的価値が認められて、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼・造船・石炭 産業」が世界遺産に登録されました。
グラバー園内に残る「旧グラバー住宅」は、この世界遺産の構成資産の一つです。
旧グラバー住宅は、日本の近代化に貢献したトーマス・B・グラバーの邸宅です。多くの歴史的建造物が保存と公開の便益の為に移築が行われていますが、旧グラバー住宅は、建築当時のそのままの場所に今も建っています。
旧グラバー住宅の建てられた当時の日本は、居留地時代と呼ばれる近世から近代へと移り変わる時代の大きな節目を迎えていました。
時代の変革期を生き抜いたこの建物から、当時、ここで生きて生活していた人々の思いや息吹を感じ取って貰えれば、と考えております。