旧三菱第2ドックハウス | グラバー園公式ウェブサイト

旧三菱第2ドックハウス


icon_dockhouse
所在地及び所有者:長崎市飽之浦町(現在の飽の浦町1) 長崎市
建築年代:1896年(明治29年)
構造形式:木造2階建、寄棟造、各階正面にベランダ、同形の部屋4室、中廊下式
 

 ドックハウスとは、船が修理などのためにドックに停泊している間、船員たちが宿泊するための施設です。この洋風建築は、1896年(明治29年)に三菱造船所第二船渠の建造にともない、船渠の傍らに建築されました。明治初期の典型的な洋風建築であるこの建物は、1972年(昭和47年)に三菱造船株式会社(当時)より長崎市が寄贈を受けて現在地に移築復元されたものです。

oldhouse_img_01b
飽の浦に建っていた頃のドックハウス
oldhouse_img_02b
三菱第2ドックと船
 

岩崎 彌之助(1851-1908)

三菱二代目当主として財閥を作り上げる
 三菱の創始者、岩崎彌太郎の弟である彌之助は、三菱の二代目社長として三菱財閥をつくり上げた人物です。兄の彌太郎とグラバーは長崎で深く関わっていますが、彌太郎亡きあとも、彌之助は終生グラバーと交友を続け、グラバーを三菱の相談役として招きました。