旧リンガー住宅 | グラバー園公式ウェブサイト

旧リンガー住宅


gardenmap01
グラバー商会に勤め、ホーム・リンガー商会を設立したフレデリック・リンガーの旧邸。1966年(昭和41年)6月11日、国の重要文化財に指定。
指定:国指定重要文化財(昭和41年6月11日)
所在地及び所有者:長崎市南山手2番地 長崎市 (現在地、南山手町8-1)
建築年:1868 年(明治元年)~ 1869 年(明治2年)
構造形式:木骨石造、平屋建ベランダ付、寄棟造桟瓦葺
 

 この家にはイギリス人フレデリック・リンガー(F. Ringer 1838 ~ 1907)一家が明治時代から昭和時代にかけて住んでいました。
明治初期の居留地建築の代表的な姿がここに見られます。わが国に例の少ない石造りの洋風住宅で重厚な中に優美さが漂っているのが特色です。
 中国茶の熟練検査官だったリンガーは1865年(慶応元年)頃に長崎入りして1868年(明治元年)11 月、グラバー商会を退職してイギリス人E・Z・ホームと共同で大浦11 半番地に「ホーム・リンガー商会」を設立しました。
 その後、リンガーは製茶業を手始めに製粉、石油備蓄、発電などの事業に幅広い活動を始め、明治、大正、昭和初期を通じウラジオストクなど海外各港との貿易事業、各国商社代理業務にたずさわりました。
 居留地の英字新聞ナガサキプレスを刊行したり(昭和3年廃刊)、捕鯨業やわが国初のトロール漁業(グラバーの息子倉場富三郎と共同)、そして長崎市の上水道敷設などにも大いに尽力するなど長崎の殖産興業に力を注いでいます。
 ベルギー、スウェーデン、ノルウェー、デンマークなどの名誉領事にも就任して、長崎の国際交流に力を注ぎました。1907年(明治40年)イングランドのノーリッジへ一時帰郷中に死去。住宅はその後、ロンドンで教育を受けて1909(明治42年)に長崎に帰ってきた二男シドニーに受け継がれました。1965(昭和40年)、シドニーは長崎市に売り渡し、英国で余生を送りました。

oldringer_img_01a
フレデリック・リンガー
(Frederick Ringer, 1838-1907)
oldringer_img_03a
長崎居留地の一等地、大浦海岸通りにあった
ホーム・リンガー商会(手前の建物)
oldringer_img_02a
自宅の庭でくつろぐシドニー・リンガー父子。
左から、長男マイケル、シドニー、次男ヴァンヤ
 

フレデリック・リンガー(1838-1907)

明治から昭和の長崎経済界に君臨した 幾多の企業を設立
イングランド出身。1864年頃に来日しグラバー商会に勤めた後、1868年英国人のホーム氏と共にホーム・リンガー商会を設立。居留地の外国人と市民の交流の場、内外倶楽部を設立し、長崎の上水道建設・外国貿易・代理店・製茶・製粉・発電など幅広い事業を行いました。彼が1898年に大浦海岸通り(旧香港上海銀行長崎支店横)に建設した「ナガサキ・ホテル」は、当時アジアの一流ホテルとして名を馳せました。
 

ナガサキホテル・カトラリーセット

フレデリック・リンガーゆかりの品が、100年の時をこえて
 フレデリック・リンガー率いる投資家グループにより明治30年(1897)に建てられたナガサキホテル。当時、極東一豪華なホテルと謳われたホテルで使用されたカトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)のセットが、平成25年(2013)6月に改装中の奈良ホテルで発見され、その内の1セットが、平成27年(2015)6月3日に奈良ホテルから長崎市に寄贈されました。長い時をこえて現在は旧リンガー住宅で展示されています。