長崎伝統芸能館 | グラバー園公式ウェブサイト

長崎伝統芸能館


gardenmap01

長崎のお祭り「長崎くんち」に奉納される龍踊りの白龍、青龍、各町の奉納踊りを先導する「傘鉾(かさぼこ)」と呼ばれる豪華な飾りなどが展示されており、長崎くんちの映画も放映されています。
 

グラバー園散策の最後は、長崎の伝統芸能に触れてみませんか。

グラバー園のお土産(ガーデンショップ)もこちらでどうぞ。

■長崎くんち:
 370余年の歴史と伝統を持つ、秋の大祭。旧暦9月9日に行っていたことから、9日すなわち「くんち」と呼ばれるようになったと言われます。
 10月7、8、9日の3日間は、県内外から多数の観光客が見物に訪れ、長崎市内は祭り一色に染まります。初日の7日は諏訪神社の踊り馬場で各踊町により踊りが奉納されます。踊りを奉納するは氏子の町民で、江戸時代、長崎の市街地は77ヶ町あり、それを7分割して1ヶ町が7年に1度踊りを奉納することになっており、その当番町を”踊町”と称しています。その後の町の再編成で町名や町数が変わりましたが、7年1巡制は今日まで踏襲されていて、毎年5~七ヶ町が踊町となり奉納踊を披露しています。
 8日は、各踊町は花(寄付)をもらい、市内を踊り歩く庭先周り。9日は、3つの御輿がお旅所から諏訪神社へと戻り、御輿を担いだまま参道の坂段を駆け上がる「おのぼり」が行われ、3日間の祭りの幕を華やかに幕を閉じます。

 また、長崎くんちの奉納踊は、昭和54年(1979)に国の重要無形民俗文化財に指定されています。