グラバー園(英語版)グラバー園(中国語版)グラバー園(韓国語版)
グラバー園について
 遠くスコットランドから渡来したトーマス・ブレーク・グラバーが、ここ南山手の丘に住まいを建設したのは1863年のこと。当時の長崎の街は、日本の新しい夜明けを夢見る人々の熱気であふれていました。
 大洋の波涛を越え、夢を抱いてやってくる異国の商人たち。倒幕の野望に燃える幕末の志士たちや、西洋の学問を志す日本の若者たち。あれから100年以上たった今も、ここはグラバーたちの家族が暮らした当時の記憶が、共に長崎を愛し長崎に暮ら した貿易商たちの邸宅が、形を変えることなく残されています。
グラバー園

グラバー園散策マップ

グラバー園パンフレット
ブライアン・バークガフニグラバー園の歩み(年表)

国指定重要文化財と<br>グラバー園の建物 旧三菱第2ドックハウス 旧長崎高商表門衛所 旧長崎地方裁判所長官舎 旧ウォーカー住宅 旧リンガー住宅 旧オルト住宅 旧スチイル記念学校 旧自由亭 旧グラバー住宅 長崎伝統芸能館

グラバーと日本の近代産業
旧三菱第2ドックハウス旧長崎高商表門衛所旧長崎地方裁判所長官舎旧ウォーカー住宅旧リンガー住宅旧オルト住宅旧スチイル記念学校旧自由亭旧グラバー住宅

 
ページ最上部に戻るページ最上部に戻る
ページ最上部に戻る