グラバー園(英語版)グラバー園(中国語版)グラバー園(韓国語版)
南山手秘話


スコットランド人事業家、トーマス・グラバー(1838~1911)の旧邸は日本における最古の洋風建築として建築当初からそのままの場所に建っている。ちょうど150年前の文久3年(1863)、天草の棟梁の小山秀之進によって建設され、まるで貿易と国際交流をつかさどる新時代のお城のように鍋冠山の中腹から長崎港を見下ろした。 建築当初はL字型であったこの木造住宅は、端部が独特な半円形を描く寄棟式屋根、石畳の床面に木製の独立円柱、菱型に組まれた格子の天井をもつ広いベランダを誇る。屋根は日本瓦で覆われ、壁は日本の伝統的な土壁であった。一方、中は典型的な西洋風の造りになっていて、前方にはリビングルームとダイニングルーム、奥には英国式暖炉のある寝室と厨房や倉庫などがあった。 旧グラバー住宅のすぐそばで大きな松の木がそびえ立っていた。この松の木にちなんでグラバーは自宅のことを「IPPONMATSU(一本松)」と呼び、家の北側部分に松の樹幹を取り囲む小さな温室を造った。威厳のある古木は後に病気にかかり枯れ、明治38 年(1905)に切り倒されてしまった。 波瀾万丈の歴史を歩んできた旧グラバー住宅。現在は、グラバー園の目玉として独特な雰囲気を漂わせ続けている。彫刻を施したマントルピース、手描きの有田焼タイル張りの暖炉、また分厚い床板等が人語を解し、すべてを語り始めたとしたら、どのような歓喜と悲哀の物語が聞けるのだろうか――。
 フリーメイソンは、中世のイギリスで始められた友愛団体だが、長崎におけるロッジ(集会所)は、明治18年(1885)に発足した。三菱長崎造船所に勤めるイギリス人たちが会員の大半を占め、初代グランドマスター(ロッジ長)に選ばれたのは、三菱が長崎造船所の初代マネージャーであったスコットランド人のジョン・コルダー(John Calder)であった。コルダーの住宅は、現在は愛知県の明治村に移築保存されている南山手25番館であった。 明治22年(1889)、会員たちが大浦47番地の建物の2階にロッジを移してフリーメイソンのマークを刻んだ門柱を入口に設置した。ロッジは大正8年(1919)に活動を中止し、大浦47番地の洋風建築も戦後に取り壊された。表の門柱だけが保存され、旧グラバー住宅と旧リンガー住宅の間にあるテニスコート跡に移された。昭和46年(1971)にグラバー園の整備が始まると、この門柱は旧リンガー住宅の真横に移され、現在に至る。門柱にはフリーメイソンの理想である平等と正義の象徴である定規とコンパスがはっきりと見て取れる。 トーマス・グラバーもフレデリック・リンガーもフリーメイソンに加入した痕跡はないが、長崎の国際墓地には今も数人の会員が眠っており、彼らの墓標には門柱と同じシンボルマークが刻み込まれている。
 グラバー園に現地保存されている3棟の重要文化財の一つに「旧オルト住宅」がある。元の主は幕末の茶貿易などで活躍したイギリス人商人ウィリアム・オルト(William Alt)である。 昭和60年(1985)、オルト家の血をひく人物が久しぶりに長崎を訪れた。ひ孫にあたるモンゴメリー子爵夫人(旧姓テッサ・ブラウニング)である。先祖の住宅を見たいという思いにかられて一路長崎を目ざしたようだが、長崎訪問の際、同夫人の母親は有名な小説家ダフネ・デュ・モーリア(Daphne du Maurier)であることが初めて長崎で知られることとなった。 ダフネ・デュ・モーリアは、明治40年(1907)ロンドンで生まれ、まだ24歳だった昭和6年(1931)に出版した処女作「愛はすべての上に」(The Loving Spirit)がいきなりベストセラーとなった。その後ウィリアム・オルトの孫に当たる軍人のフレデリック・ブラウニング(Frederick Browning)と結婚した彼女は、次々とベストセラー小説を発表して話題を呼んだ。 映画化された小説の中で最も有名なのは、「レベッカ」(Rebecca)であろう。「風と共に去りぬ」で名声を得たデイビッド・O・セルズニックがプロデュースして昭和15年(1940)に映画化された「レベッカ」は、映画監督アルフレッド・ヒッチコックのアメリカデビュー作となった。同年のアカデミー賞の作品賞に輝いたこの映画は、今尚、モノクロ映画の名作として絶賛されている。ヒッチコック監督の名作ホラー「鳥」(The Birds)の原作者もダフネ・デュ・モーリアである。
 旧グラバー住宅の温室の中を通ると一対の狛犬が目を引く。その説明板には、「この狛犬は今日のキリンビール社のラベルのもとになった」と書いてある。トーマス・グラバーとその仲間は明治18年(1885)、キリンビールの前身会社であるジャパン・ブルワリ・カンパニーを横浜で創設したのは確かだが、ビールのシンボルに麒麟を選んだ経緯は実は不明である。 現在のラベルのデザインは明治22年(1889)に登場し、麒麟はライオンのような黄色のたてがみと、わき腹に沿って、銀色に光るしま模様が施されていた。麟麟の顔のまわりを一周して、たてがみの中へと消えて行く大きな黄色の口ひげも加えられたが、これは太い口ひげをトレードマークにしていたトーマス・グラバーの貢献に敬意を表してのことだと伝えられている。 しかし、それが事実であったとしても、麒麟がそもそもなぜ採用されたかはわからない。グラバーが自宅の狛犬でなく、ロンドン郊外のチズウィックで1845年からビールを醸造していたフーラー社のロゴからヒントを得たという可能性がむしろ高いと思われる。この会社はシンボルマークに麒麟と同じような伝説の奇獣であり、ライオンの胴体に鷲の頭と羽を持つ「グリフィン」を使っており、今でもイギリスで人気のある「ロンドンプライド」などのビールを作り続けている。
 旧グラバー住宅のダイニングルームには大きな木製のディナーテーブルがある。これは、南山手に住んでいたクリスティーナ・シェルビニナ(Christina Scherbinina)女史の死後、グラバー園に寄贈されたものである。 クリスティーナの父は、明治2年(1869)頃に来崎したアフリカ系英国人、リチャード・フォード(Richard Ford)で、母は日本人女性の沢チワ。フォードは荷揚業や仲買業を営み、雨のドンドン坂沿いの南山手22番地に洋風住宅を建てた。フォードは明治36 年(1903)に他界し、坂本国際墓地に埋葬された。妻チワは昭和10年(1935)に亡くなり、夫のとなりに葬られた。 一人娘のクリスティーナは幼児期からウラジオストクの学校で学んだ。卒業後もその地に残り、ロシア人船長のシェルビニンと結婚して一男一女の母となった。クリスティーナは長い間ウラジオストクに住んでいたが、夫の死を機に長崎へもどり実家の南山手22番館に居を構えた。 ロシア正教の信者だったクリスティーナは、長崎を訪れるロシア人たちを家で接待し、彼等から「南山手のバブーシュカ」として慕われた。昭和41年(1966)に亡くなったときは、多くのロシア人や日本人が葬儀に参列したという。現在は坂本国際墓地で両親と並んで永眠している。 旧グラバー住宅のディナーテーブルを見ると、ロシアの家庭料理を楽しむ在りし日のロシア人たちが目に浮かぶ。
 慶応元年(1865)発行の外国人名簿「ジャパン・ディレクトリ」によると、長崎居留地には3軒のホテルが存在していたことが示されている。それは、大浦25番地の「コマーシャル・ハウス」、同26番地の「オリエンタル・ホテル」、南山手11番地の「ベル・ビュー・ホテル」である。いずれも日本最初期の西洋式ホテルだが、前者2 軒は居酒屋を備えており、「ベル・ビュー・ホテル」のみが婦人や子供を迎える高級ホテルであった。 元イギリス領事館巡査の妻、メアリー・グリーン(Mary Green)夫人により経営されていたこのホテルは、中庭をもつ四角形の木造2階建て建築で、外国人来訪者が上陸する長崎税関の第6番波止場の上に建っていた。イギリス人旅行者N・B・デニーズ(N. B. Dennys)は同3年(1867)の記述の中で次のようにベル・ビュー・ホテルについて言及している。「もてなしのよく行きとどいたこのホテルは、来訪者に親しまれていた。夕食は1ドルで済ますことができ、一週間滞在すればすべてを含めて21ドルである。湾と街の美しい景色を見渡すことができる」。 ベル・ビュー・ホテルは長崎を代表する西洋式ホテルとして営業を続けたが、日露戦争後、長崎の国際貿易港としての繁栄は衰退し、旧外国人居留地のホテルは次々と姿を消していった。大正9年(1920)、長崎最古の高級ホテルであったベル・ビュー・ホテルもついに廃業した。グラバー園へと続く坂道の左手のベル・ビュー・ホテル跡地には、現在、ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒルが建っている。





 
ページ最上部に戻るページ最上部に戻る
ページ最上部に戻る